kenchanaska’s blog

主に作詞をやっております

Singapore love

夕暮れのホテル

波打ち際で

外国人たちが愛を囁く

 

水さえ10ダラー

ましてシャンパンなら

リッチな気分で酔う

 

街はアジアの風と

ヨーロピアンな風が漂う

 

all my love

あなたを感じたい

 

ホテルのロビーの

多国籍料理を

食べてながら

あなたを見てる

 

賑やかな街さ

忙しい街さ

電車さえ空に届きそう

 

中途半端なリゾートより

熱い人が漂う国

 

all my love

どんな夢を見ましょう

 

Singapore love

どんな夢を見ましょう

 

Singapore love

あなたを愛したい

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180206211022j:image

2015年に行ったSingaporeの写真ですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

この果てしない旅路を

街にはいつもの風が吹き

いつもの朝が来て

いつもの夜が来て

いつもの明日を迎える

 

当たり前だけど

こんな幸せなことはない

 

僕にはいつもの君がいて

いつもの朝を迎え

いつもの夜でキスして

確かな明日を誓う

 

当たり前じゃないから

見失わないように

 

今人生のどの地点にいるのか

たかが人生

されど人生

この果てしない旅路を

今日も当たり前のように歩く

 

きっとそれで幸せで

きっとそれでいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180125132715j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

大空へ

明日がいい日かなんて

わからないから

悩む時もあったね

 

そんな気持ちも時に

愛しく想うよ

 

大空へ手を伸ばしたら

幸せな虹に当たる気がしたから

僕は今日も今を生きてる

 

もう欲張るような

気持ちも無くて

恋もついでのような気持ちでいい

 

かっこよく生きれないよ

もうありのままの僕でいい

 

大空へ手を伸ばしたから

傷ついた日々もあったけど

今では色褪せない大切な日々

 

きっと未来は

きっと悪くないさ

 

大空へと向かう気持ち

今では薄らいで来たけど

今では色褪せない

大切な想い出になって

虹色の光を放つさ

 

あの大空の虹を超えて

今があるから

今までに、そしてこれからに

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180125192515j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

自信

ただ

色んなことがある世の中で

君とめぐり逢い、今を生きる

 

君を守り切るような

大それた力は無いけど

君をずっと愛し続ける

自信ならばあるよ

 

ただ

坂道を駆け上って

答えを見つけて

箱を開けたら空だったり

 

君を守り切るような

大それた力は無いけど

君をずっと愛し続ける

自信ならばあるよ

 

運命に逆らうのはやめた

きっとうまくいくさ

君と僕ならば

 

君を守り切るような

大それた自信などないけど

君をずっと愛し続ける

自信ならばあるよ

 

君をずっと愛し続ける

自信なら

うん、きっと大丈夫

愛し続けるよ

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180107194549j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

 

君がいないとつまんない

君がいないとつまんない

君がいないと始まらない

 

君を簡単に諦めるには

あまりに理由がないのさ

 

夜明けの月を見て

君を想い出してしまうけれど

まだ想い出にならないで

君と抱き合ったり

キスしたりしたいと想うから

 

君がいないとつまんない

僕は勇気出せない

君がいないと始まらない

冬の風に傷が少し痛む

 

いつも花が咲くような

恋じゃなかったけれど

 

ありふれた言葉で

君を愛していたんだよ

 

僕に落ち度があるなら

すぐに謝りたいけれど

何が悪いかわからない

そんな僕に腹が立っていて

怒りを超えて諦めてる

 

君がいないとつまんない

僕は愛を囁けない

君がいないと始まらない

いつかはまた

僕のもとに帰ってくるかな?

 

中途半端に愛してない

君に本気だった僕だから

今朝も今朝も街に出ては

君のカケラ探す

忘れることなんて

出来やしないんだよ

 

君と一緒に笑いたい

また君と愛を語りたい

君と一緒に笑いたい

素直に謝るから

素直に帰って来て

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180104064936j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

チャンスはある

誰だって同じ空の下

哀しみをこらえて

生きている

 

誰だって同じ空の下

寂しさを感じて

生きている

 

哀しいということは

まだまだ

幸せになるチャンスがあること

 

寂しいということは

まだまだ

誰かに巡り会える

チャンスがあること

 

だから、

チャンスをねじ込んで

涙なら枯れ切れるまで

幸せになれればいい

また誰かに巡り会えればいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180104004421j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

君を探してた

君を探してた、なんて

キザな台詞は苦手なんだ

春の日の木洩れ陽のように

君を優しく包み込む

 

愛し合うために出逢えたのなら

それはそれで素敵なことだね

 

誰より君がいい、なんて

今日だけ言うから聞き逃さないで

毎日のように君に似合う服を

着ることはできないけど許して

 

知り合う前から出逢うことが

決まっていたなら素敵なことだね

 

永遠の気持ちくらいは

普段着で言わせて

嘘も本当も全て

隠さず君を愛する

 

愛し合うために生きてきたのかな

愛し合うために出逢えたのかな

それはそれで素敵なことさ

 

きっと心のどこかで

ずっと君を探してた

きっと君を探してた

いつも君を探してた

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20180103200121j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca