kenchanaska’s blog

主に作詞をやっております

泣いていいですか

泣いていいですか

今日のうちに

憂鬱を吹き飛ばすために

 

愚痴っていいですか

明日また頑張るために

 

振り返れば

たまたまうまく行き過ぎた人生

そのしわ寄せが来てるのだろう

 

僕は痛いくらい

イノセントだったから

誰かを知らぬ間に

傷つけただろう

 

今夜は泣いて嘆いて

明日からは

また変わらない僕が

いるんだろう

 

ネガティブな僕を

置き去りにするために

 

今日だけは

今夜だけは

 

泣いていいですか

愚痴っていいですか

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171201221122j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

倦怠期

付き合いたての頃は

毎日ドキドキで

なんでも素直に言えてた

 

いつからだっただろう

隙間ができて

キスもうまく出来ない

 

もう一度恋したい

今は確かに倦怠期だけど

あの愛しさ、あの熱い胸で

また君に恋に落ちたい

 

時間を止めて

いつまでもそばにいたいよ

嗚呼、乗り越えたなら

想い切り君を抱きしめたいよ

大人のフリなんかしないで

 

今ならまだ間に合う気がする

君の心に届く気がする

 

花束を用意したんだ

安いものでごめんね

今の僕の全てを込めて

また君に恋に落ちたい

 

時間を止めて

もう一度君に魔法をかけて

嗚呼、また愛し合えたら

決して君を離しはしないよ

僕の全てを君に捧ぐ

 

時間を止めて

ずっとそばにいたいと想うよ

嗚呼、不安が消えたなら

想い切り君を抱きしめたいよ

大人じゃなくていい

 

時間を止めて

ずっと感じ合いたいと願うよ

今の倦怠期を乗り越えたなら

もっと深く愛し合える

ふたりさ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171204062806j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

愛しましょう

夜が終わりに近づく

僕の胸に君がいる

永遠に続く気がする

君とのいつもの朝

 

そして命の限り

愛しましょう

誰より君を

愛しましょう

 

君が応えてくれるまで…

 

仕事終わりにコンビニで

惣菜を買ったよ

君の負担くらい

少しは僕にさせてよ

 

そして夜が明けるまで

愛しましょう

困らせるくらい

愛しましょう

 

ふたり、形変えながら…

 

出逢ったあの日の匂いだ

懐かしいあの日の匂いだ

もう何も焦ることはないね

 

そして命の限り

愛しましょう

ふたり、抱き合って

愛しましょう

 

そして、

愛し合いましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171207070356j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

いつまでも幸せで居たいから

見ていたいのは希望

愛する人と歩く

風の音を聞きながら

今を生きる

 

幸せな気持ちになったら

君を抱きしめてあげる

 

どんな時も自由

君とどこまでも行きたくて

全てを受け入れた時に

今が楽になった

 

いつまでも幸せで居たいから

君を抱きしめてあげる

 

僕らが残した足跡

いつか世間の波がさらっても

僕らは希望を片手に行くさ

遠い誰かに伝えられたらいいな

 

いつまでも幸せで居たいから

君を抱きしめてあげよう

 

いつまでも幸せで居たいから

君を抱きしめていいだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171201220052j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

水をごくんと

喉に流し込んだ

 

なんだか

元気になって行く感じだ

 

僕らが過ごした街も

いつもより煌めいて見えた

 

失くした恋を

愛してみた

 

歩道橋を渡ると

あの人に逢う気がする

 

僕らが過ごした街も

いつもよりキラキラ輝いていた

 

あの頃はあの頃

今は今

 

それはそうだけど

どこかで明るいところで

繋がり、歩いていけそうだ

 

僕らが過ごした街も

いつもよりキラキラ輝いていた

 

今僕が過ごす街も

今日はキラキラ輝いていた

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171117132442j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

本当に好きな歌

いつかばあちゃんが

歌っていた歌

レコードを出す

涙が出る

 

きっと今となっては

ハンカチ無しでは聴けない

 

本当に好きな歌は

誰にも譲れない

自分の一番近くにある

きっとある

 

遠い世界を旅して

たまたま飛行機で聴いた歌は

懐かしいあの歌

 

まだ心のアルバムの中で

淡い夢の中

 

本当に好きな歌は

誰にも譲れない

自分の一番近くにある

きっとある

 

海が浮かぶ

空が浮かぶ

僕の中の本当の歌

 

本当に好きな歌は

誰にも譲れない

自分の一番痛い時に

想い出す

 

本当に好きな歌は

誰にも譲れない

自分の一番近くにある

きっとある

 

きっとある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171119000504j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

ca

Steadily

もうすぐだと走り出したら

風が吹いて僕は転んだ

 

瞳の前の幸せの陽炎が

逃げていく、逃げていく

 

そんなことどうってことないよ

しっかり歩いて

着実に歩めばいい

 

音を鳴らしながら歩こうか

幸せの音色を奏でながら

 

そんな風に生きていれば

きっと愛はやってくる

着実に進んで行こう

 

毎日少しずつ

コツコツとが一番難しくて

でも、一番の近道

 

瞳の前に起こる色んな出来事

上手くこなしながら

不器用ながらも

着実に歩めばいい

 

着実に進んで行こう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20171124085522j:image

イメージですm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも読んでくださる偉大な皆様に感謝です(^_-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca