読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kenchanaska’s blog

主に作詞をやっております

春の雪の中で

もし今夜季節外れの雪が
積もってきたなら
誰もいない街の中を
ふたりで歩いてみないか

 

想い出さえ消し去るだけの
雪が積もったなら
ふたりについた傷さえも
少しは忘れられるはず

 

過ちを繰り返して
ここまできたふたりだから
時を経て今この辺りで
あの春を想い出してみないか

 

春の雪で誤魔化されるような
そんな軽い恋じゃないけど
別々の道を歩きながらも
足跡を不意に辿ってきたのかな

 

もう飾るような恋をしても
心の中には残らないなら
雪で色の消えた街を
久々に手を繋いで歩かないか

 

君の手から伝わる哀しみ
ひとりで孤独を集めたんだね
ふたり離れてからも
どこか想い合っていたのかな

 

君の瞳が僕の瞳を見る
もう隠すことも出来ない
この春の雪の中で
もう一度真っ白になろうか

 

過ちを繰り返して
ここまできたふたりだから
時を経てこの春の雪で
あの春を想い出してみないか

 

出逢った春を想い出してみないか

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kenchanaska:20170207063417j:image

イメージですm(._.)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ca